旬の鱧。

夏は淡路島の沼島沖近海で育った天然の鱧をふんだんに使ったお料理をお楽しみください。
体長70~80センチ、700~1,000gの鱧が食べごろと言われています。 ハモすき鍋、湯引き、天ぷら、かば焼きなど、歯ごたえと旨みを味わえます。 ハモは生命力が強く、滋養たっぷりで、女性に嬉しい葉酸がたっぷりと含まれています。 淡白な魚にも関わらず、豊富なビタミンとミネラルを含んでいます。

べっぴん鱧と言われる
淡路島の鱧

淡路島のハモは小顔で身が引き締まりスタイルが良く、そのほとんどがメスであることから、「べっぴん鱧」と呼ばれます。
「はも延縄」で一匹一匹丁寧に釣り上げるので、傷が少なく金色の美しい魚体をしています。

鱧の食し方

鱧すき鍋

鱧が美味しくなるのと同じ時期に島内で収穫が始まる淡路産の玉葱と鱧を割り下で一緒に煮こむ鱧すき鍋は、ここ淡路島地方で古くから受け継がれてきた郷土料理。玉葱と鱧のアラから炊き始め、玉葱の甘味と骨の旨みが充分にだし汁へ移った頃に鱧の身を入れます。熟練の腕で骨切りされた身に熱が通り牡丹の花弁のように花開いたところを頂きます。口の中でホロリとほぐれるほくほくの食感。鱧の持つ上品でほのかな甘味が淡路産玉葱の甘みにより一層引き立てられ、何とも言えない美味しさです。

鱧握り

分厚く切った鱧を軽く炙り、酢飯と合わせてサッと握ります。 無駄なものは一切使用せず、鱧だけの味わいを味わって頂きたいとの想いでつくっております。

鱧の湯引き

活鱧ならではの味覚「湯引き」はふんわりとした身でありながらコリコリとした食感が味わい深いお料理です。
アッサリとした中にもコクと旨味がしっかりと凝縮されています。
牡丹の様に花開く骨切りした身は、湯引き独特の味わいです。

御食国淡路島

淡路島名物宝楽焼 -通年-

宝楽焼とは、奈良時代に大和の宮人が淡路島の三原地域に狩りに出た際、海女が海の幸を焼き石にのせて野焼きにして出したのが始まりとされています。

現在では陶器に昆布をひきその上に魚貝類をおいて蒸し焼きにしているのが多いようです。海の幸をギュッと凝縮させた、磯の香りが漂う大満足のご馳走。

お祝い事や、商談のお食事にもおすすめです。淡路島に来たら一度は召し上がる価値あるお食事です。

Bus
\ 無料 /
送迎バス運行

※必ず予約の際にバスのご予約をお願いします。福良バスターミナル(もしくはうずしおドーム前) ⇄ 海上ホテル

Facebook 「いいね!お願いします♪」

お問い合わせ

ご不明点、ご要望などありましたら、お気軽にお電話にてお問い合わせ下さいませ。

淡路島海上ホテル所在地

〒656-0501
兵庫県南あわじ市福良甲21−1

電話番号

0799-52-1175